オカリナ替え指

オカリナは替え指がたくさんある

オカリナでいろんな音程を出すには12個の穴(トーンホール)をいろんな組み合わせでもって指の腹で塞ぎます。これを運指といいますが、基本の形はあるものの「これでなければいけない」というものではありません。

 

というのも、そもそもオカリナという楽器は音程(ピッチ)がとても適当なのでとりあえず違和感がなければいいのです。運指表にない形で穴を押さえたとき、狙った音が鳴ったならばそれでいいのです。

基本の形でない運指のことを替え指といいます。

関連ページ

オカリナの歴史
オカリナの起源は南アメリカのアステカ文明(15世紀ころ)とされ、それがヨーロッパ(イタリア)に渡って今の形になりました(19世紀ころ)。
オカリナの構造
歌口から入った息はエッジに当たります。息が二つに分かれるときに周囲の空気を振動させ、その振動をオカリナ内部で増幅させるのです。
オカリナは簡単?
オカリナの音色は奏者のテクニックにもよりますが、そのほとんどは楽器そのものが持っているポテンシャルに依存しています。
オカリナのお手入れ
オカリナは陶器ですので表面を拭かなくても錆びたり変色はしません。その点で、オカリナはとても気軽な楽器といえます。
オカリナの寿命
オカリナは寿命が比較的短いという欠点があります。分解して掃除することができないからです。
世界的オカリナ奏者
この半世紀でオカリナという楽器はこの日本の地で大いなる発展を遂げました。そして、今やオカリナといえば日本のメーカーや日本人奏者を抜きにして語ることができません。
オカリナ演奏スタイル
庶民でもオカリナ演奏を楽しめるようにと近年ではアンサンブル演奏が主流になってきています。