オカリナ種類と選び方

オカリナの選び方

オカリナの個体差

世の中には一人の職人さん(ルシアー)が全ての行程を通して手作りしている楽器もありますが、大手メーカーで作られるほとんどの楽器は工程別の流れ作業(ライン)となっていて、完成品には個体差がありません。そして、そのことが楽器(モデル、シリーズ)の品質を保証するものでもあります。ではオカリナはどうでしょうか...

≫続きを読む

オカリナの種類

New! アケタ・オカリナ『R』 RS-5C/ソネット(アルトC調管)オカリナの基本はこのアルトC管(AC管)です。オカリナの楽曲はアルトC管用にキーが調整されているものが多いので、ビギナー(初心者)はまずこれを買いましょう。これはアルトC管で出せる音階です(実音は1オクターブ上)。ド(C)をルート...

≫続きを読む

陶器のオカリナ

(アケタ選定) オカリナ RT-5C アルトC管 【選定モデル!!】価格:13300円(税込、送料別) (2017/4/8時点)最初の1本を選ぶとしたら、陶器製のオカリナがお勧めです。今やオカリナメーカーは個人の製作家を含めると無数にありますが、やっぱり最初の1本アケタがいいでしょう。アケタは日本初...

≫続きを読む

プラスチックのオカリナ

ナイト(Night by Noble) プラオカリナ AC ブラック / ラバー仕上げ(4516510120238) 仕入先在庫品価格:2855円(税込、送料無料) (2017/6/3時点)オカリナという楽器はオカリナ専門店でないと本物は売っていません。ここで「本物」というのは、専門家にオカリナとし...

≫続きを読む

磁器のオカリナ

ちゃんとしたオカリナは陶器製というのが常識ですが、その常識に拘らずに磁器で作ったらどうなるのか。それにトライしたのが台湾のフォーカリンク社でした。オカリナ奏者の大沢聡さんがアドバイザーとなって弓場さつきプロや佐藤一美プロのシグネチャーモデルとして販売されています。吹いた印象は、陶器製の持つ土っぽさが...

≫続きを読む

最も高額なオカリナ

オカリナは楽器の中で最も安い部類であることは間違いありません。それがゆえに一般庶民に愛されてきたわけですが、このところのオカリナブームはオカリナの価格帯に異変をもたらしています。以前は高いものでも1万円前後というのが常識でしたが、近年は各メーカーの最上位機種は2万円〜3万円が普通になっています。この...

≫続きを読む

オカリナ欄モデル

Claytoneというブランドから発売された中原欄シグネイチャーモデル。YOUTUBEで一番人気のオカリナ欄ちゃんですが、彼女の名を冠したオカリナです。製作は栃木県にある土音(ひじおと)というオカリナ工房でして、最上位モデル(forte)は欄ちゃん自身が選定しているとのこと。YOUTUBEではこのオ...

≫続きを読む